新着情報

2022.07.26

8月11日から15日はお盆休みで休診とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、ご了承ください。

2022.03.22

現在歯科衛生士1名求人中です。
ご興味のある方は問い合わせください。

2022.02.08

現在お休みいただいているスタッフですが、待期期間中に経過観察を行い、今後発熱等の症状がみられなければ、通常の生活に戻って大丈夫と保健所からの指示がありました。
なお、当院の他のスタッフは濃厚接触者に該当せず、今のところ発熱等の症状もありません。
来週の水曜日以降、通常診療に戻す予定です。
予約の変更や、受診自粛にご協力いただき、ありがとうございました。

なお、今後も予約の取りづらい状況が続くと思います。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

もし何か変更することがありましたら、再度追記させていただきます。

.

ゆずりは歯科
クリニックの想い

皆さんは「ゆずりは」という木をご存知でしょうか?

「ゆずりは」は葉が若葉に交換する際、前の葉が役目を終え、譲るように落葉します。その様子が親から子へ代を譲る様子にたとえられ、代替わりがうまくいき、その家が長く繁栄していくという、縁起のよい木として知られています。

ゆずりは歯科クリニックという名前は、地域にかかせない歯科医院として、自分の代だけでなく、何代にもわたり、長く愛されながら、その役割を続けられるようにという願いを込めてつけました。
症状のある場所を治療することはもちろんですが、それ以上に、生涯にわたってお口の健康を維持するお手伝いをすることが私たち歯科医療人としての重要な使命だと考えています。
ただ治療するだけでなく、予防治療や定期健診を通じて、皆様と末永くお付き合いができる歯科医院にすることが私の夢です。

ゆずりは歯科クリニックについて

3S7A2801_sample(本番使用不可)

.

岡山市中区で歯周病治療なら
「ゆずりは歯科クリニック」

歯がなくなる原因
第1位は歯周病

歯の病気というと虫歯を連想する方が多いと思いますが、実は歯周病が原因で歯がなくなるほうが多いという統計があります(グラフ参照 引用元:永久歯の抜歯原因調査報告書 東京: 8020推進財団; 2005.)。若いうちは虫歯でなくなる割合が多いのですが、40代後半以降では、歯周病で歯がなくなる割合が高くなっていき、全体としては歯周病により、42%の歯がなくなっています。

虫歯の治療だけでは、歯を残すには不十分であるというのが分かります。
歯は奥歯から失われる傾向があり、奥歯が失われると、前方にある歯は負担がかかるようになり、より歯が失われやすくなるという悪循環を生みます。
全体の歯が20本以下になるとその傾向は強くなり、歯の本数が少なくなること自体が残った歯の喪失リスクにつながっていきます。 

ゆずりは歯科では歯周病治療と予防治療に特に力を入れており、できるだけ生涯に渡って歯を多く残せるようにお手伝いをします。
不幸にも歯がなくなった場合には、残った歯をできるだけ長持ちさせる治療を提案します。

治療内容について

.

「予防歯科」ってご存知でしょうか?
痛くなる前の治療はメリットがたくさんあるんです。

予防歯科
いいことだらけ!

痛みなどの症状が出る前に、定期的に歯科医院で検診やお口の中のお掃除をしておくことは、たくさんのメリットがあります。
虫歯は歯周病は症状が出た時にはある程度進行していることが多く、痛いときだけ治療で通院していると、歯を多く削ったり、歯周病の状態が手遅れになってしまうこともあります。

また治療するだけで、悪くなった原因や環境をしっかり残したままにしておくと、いくら精一杯予防しても気を抜くとすぐに悪くなります。
虫歯や歯周病の進行を予防しやすいお口の環境に整えたうえで、治療を行わなければ長持ちはしません。
ゆずりは歯科では、精密に診断するための設備を揃え、原因を考え、
可能な限り長持ちする予防しやすいお口の環境へと整えながら治療します。
つまり、全体のお口の健康を考えて、保存する治療を重視して治療を行います。

予防歯科について

衛生管理の徹底

歯科治療のみに関わらず、医療器具には血液や唾液などが付着するため、治療を通じて細菌やウイルス感染を起こす危険があります。
ゆずりは歯科クリニックでは、感染対策として、また、安心、安全に治療を受けていただくために、衛生管理を徹底しています。

器具の洗浄

治療に使用した器具は医療用の器具洗浄機で、
汚れ、細菌、ウイルスを除去

器具の滅菌

クラスBの滅菌機を使用
個別にパックしての滅菌

うがいのお水

治療やうがいで使用するお水すべてに
ポセイドンという機械を使用

使い捨ての器具

洗浄、滅菌が出来ないようなものは
再利用せずに使用後はその都度廃棄

痛みに配慮した治療

歯科治療の際に必要になるのが麻酔です。
麻酔がしっかり効けば治療中の痛みは出ませんが、麻酔の際には痛みが伴います。
当院では極力痛みを少なく治療できるように、以下の取り組みを行っております。

01

麻酔の前に表面麻酔を行い、刺入時の痛みを軽減します。

02

麻酔の液を体温程度に温める機械で、温度差による傷みを軽減させます。

03

麻酔針の刺入時の痛みを少なくするため細い針を使用しています。

04

麻酔液の注入する際に、電動麻酔器を使用し、注入圧を機械でコントロールして痛みを少なくしています。

診察室と治療器具について

全身の健康、生活習慣
を考えた治療

ゆずりは歯科クリニックでは、口の中だけをみるのではなく、全身の健康や、生活習慣にも目を向けて治療を行います。
例えば、右の図のように、歯周病はたくさんの生活習慣、全身健康に関係していることが明らかになっています。
これ以外にも虫歯菌が血栓をつくること、歯がなくなると認知症になりやすくなることなど、たくさんの全身状態と関連しています。
虫歯と歯周病は、細菌が感染して起こる感染症であるのと同時に、生活習慣が深く関連している病気で、生活習慣病の側面もあります。
単に治療を行うだけでなく、全身の健康や、生活習慣にも目を向けて治療を行うことで、全身状態の改善、生活習慣の改善から皆様の健康につながる治療をしたいと考えています。

治療について

.

ゆずりは歯科クリニック
の採用情報

現在、スタッフの募集は行っておりません。

詳しくは採用ページをご覧ください。

■住所
〒702-8005 岡山県岡山市中区江崎82-1

■予約情報
TEL:086-238-6404
FAX:086-238-6405
WEB:こちらをクリック

■診療時間・休診日

午前/9:30~12:30 午後/14:30~19:00
休診日:木、日、祝、年末年始

●倉田交差点から南に350m
●駐車場10台以上

ページトップへ